【チーク編】今更聞けない!メイクアップ化粧品の種類7

化粧品とブラシ

 

【チーク編】今更聞けない!メイクアップ化粧品の種類7

 

年々新たなアイテムが増えるメイクアップ化粧品。
こうしている間にも開発がどんどん進んでいます。

そんな星の数ほどあるアイテムの中で、
自分に本当に合うものを見つけ出すのは至難の業です。

なので、まずはメイクアップ化粧品の種類と効果を知ることにより、
本当に今の自分に合うものを見つけ出せるのです。

 

メイクアップ化粧品の種類はたくさんあり、
なぜなら、人それぞれの肌の悩みの数ほど化粧品が生まれるからです。

 

今のままでもいいかもしれない。
ただ、もっとさらに、あなたに合うものがあるかもしれませんし、
肌の悩みや、トラブルの解決に役立つかもしれません。

きっと、何かしらのヒントにはなることだと思います!

 

なので第七弾は、チークを見ていきたいと思います。

 

チークとは

頬に色みを加え血色感や立体感を演出するアイテムです。
近年は、チークとリップを兼用できるアイテムも発売されています

チークは血色を与える効果があり、
肌が白く不健康そうに見える人や、顔色がくすんでいる人、
体調がすぐれない人でもチークを入れると、元気に見せることができます。

最近ではカバー力の強いファンデーションが増えてきており、
塗布することで血色が消えて不自然になってしまうので、
血色を補うためにほとんどの人が毎日のように使っています。

またチークの入れ方によっては、
骨格補正する小顔効果もあるので幅広く愛されるアイテムとなりました。

 

ブラシと化粧品

 

パウダータイプ

粉のままのルースタイプとコンパクトに入ったプレストタイプがあります。

ふんわりした自然な仕上がりで、
塗布量が調節しやすく初心者でも使いやすい
最もポピュラーなタイプです。

粉タイプなので基本は薄い付き、
何度も重ねることにより濃くなっていくので、
自身のイメージ通りに調整しやすいです。

ただ、粉という性質上ひどい乾燥肌の人にはおすすめできません。
一般的な乾燥肌の人なので問題なく使用できるでしょう。

 

クリームタイプ

コンパクトケースやジャーポット入りのタイプ、
 発色がよくツヤのある仕上がり。

クリーム状のしっとりとした質感のチークで、
少量でも発色が良く素肌に馴染みやすくツヤ感仕上がりなので、
若々しくオフェロ女子のような色気が出ます。

ただ、少量でもしっかりと色がつくので、
塗布するポイントが分かっていないと、
トータルバランスが悪くなり、
変なメイクとなってしまいます。

パウダータイプから移行する場合は、
注意が必要です。

 

化粧品

 

スティックタイプ

発色がよく比較的つきが良いタイプ、
直接塗布できるので使いやすいです。

スティック状のチークで、少し硬めのタイプです。
塗布したいところにピンポイントで使えるので、
チークを目立たせたい時に使うことが多いです。

ひどく顔色が良くないなどの場合は、
ベースメイクの用途としても使えます。

 

リキッドタイプ(ジェル、ポリッシュ)

チューブ入りやグロスのようなチップタイプが多い。
みずみずしく透明感のある仕上がりです。

リキッドチークは水分が多いので、
みずみずしく若々しい仕上がりになります。

若い世代中心に人気がありましたが、
最近では幅広い世代で愛されているタイプです。

ひどいオイリーの人以外は、使いやすく。
保湿効果があるものが多いので、特にひどい乾燥肌にはおすすめのタイプです。

 

まとめ

①人それぞれの肌の悩みの数ほど化粧品が生まれる

②頬に色みを加え血色感や立体感を演出するアイテム

③チークは大きく分けて全4種類ある

④人それぞれ肌の悩みは違うので、自分に合ったものを選ぶ事。


第七弾は、チークでした!
ご自身の悩みの原因は、チークにあったかもしれません。

これを機に、一度見直してみてはいかがでしょうか?

 

【化粧下地編】今更聞けない!メイクアップ化粧品の種類1

【ファンデーション編】今更聞けない!メイクアップ化粧品の種類2

【コンシーラー編】今更聞けない!メイクアップ化粧品の種類3

【アイシャドウ編】今更聞けない!メイクアップ化粧品の種類4

【アイブロウ編】今更聞けない!メイクアップ化粧品の種類5

【マスカラ編】今更聞けない!メイクアップ化粧品の種類6

【チーク編】今更聞けない!メイクアップ化粧品の種類7

【リップ編】今更聞けない!メイクアップ化粧品の種類8

“【チーク編】今更聞けない!メイクアップ化粧品の種類7” への2件の返信

  1. ピンバック: 【マスカラ編】今更聞けない!メイクアップ化粧品の種類6 | ちゃんクマブログ

  2. ピンバック: 【ファンデーション編】今更聞けない!メイクアップ化粧品の種類2 | ちゃんクマブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*