【クリーム編】今更聞けない!スキンケア化粧品の種類4

 

 

【クリーム編】今更聞けない!スキンケア化粧品の種類4

知っているようでよく知らないスキンケア。
毎年どんどん新しコスメが出ている現在では、
昔からの馴染みのアイテムで満足しがち!

そんな人が多いのではないでしょうか?

 

・今でもなんかいい感じな気がするし、このままでいいや。
・新しいのは、自分に合うかわからないのでいいや。
・めんどくさいし今のままでいいや。

 

そんなある時期でとまっている人、必見です!

 

スキンケア化粧品の種類はたくさんあります。
なぜなら、人それぞれの肌の悩みの数ほど化粧品が生まれるからです

今のままでもいいかもしれない。
ただ、もっとさらに、あなたに合うものがあるかもしれませんし、
肌の悩みや、トラブルの解決に役立つかもしれません。

きっと、何かしらのヒントにはなることだと思います!

 

なので第四弾は、
クリームの種類を見ていきたいと思います。

 

 

 

クリームとは

クリームは安定性に優れ、
水分、油分、保湿剤などを幅広い割合で配合できるため、
年齢や肌質に応じて調整する ことが比較的容易です。

洗顔、マッサージ、クレンジング、日焼け止め、デイクリーム、
ナイトクリーム、アイクリーム、 下地クリームなど
目的や用途にあわせた商品が各種開発されています

一般的にクリームと言われる保湿クリームは、
肌に含まれている水分を蒸発させないようにする
乳液と同じ役割をします。

ただ、乳液よりも油分が比較的に多く含まれており、
しっとりとした仕上がりとなります。

 

個人差はありますが、年齢を重ねていくと、
皮脂の分泌量が減っていきます。
節目の30代、40代にはガクッと下がり。
今までは乳液で大丈夫だった人も、
乾燥に悩まされることがあります。

季節によっても、肌質は変わってしまうので、
夏場は乳液冬場はクリームといったように、
季節で変えて使用するなどの工夫が必要です。

 

乾燥肌やアンチエイジングなど、
肌質によっては、クリームは必要不可欠なのです。

 

 

ナリシングクリーム(油性)

ナリシングとは「栄養を与える」という意味。
一般的にナイトクリームと、
呼ばれているものはこれになります。

 

就寝前に塗布をすると、
寝ている間も肌をうるおし、

水分が蒸発するのを防いでくれます。


保湿効果を高めたい方や、
エイジングケアしたい方には欠かせないアイテムです。
特にひどい乾燥肌の人にはおすすめです。

 

バーニングクリーム(弱油性)

油分は10~25%のため、
使用感はさっぱりしているものが多い。
皮膚に塗布すると白くなり、
なじませるとvanish(消失)するように見えるので、
この名称がつけられました。

 

皮膚の保護化粧下地
髭剃り剃刀後などに使用する。

油分の少ない、又は全く配合されないクリーム。
さっぱりとした使用感で扱いやすいです。


最近ではエモリエントクリーム
呼ばれることが多くなりました。

 

 

コールドクリーム(油性)

構成成分の50%以上が油分のため、
皮膚に塗布すると冷たく感じることから
コールドクリームと呼ばれる。
クレンジングクリームやマッサージクリーム、
などで使われる。

 

洗顔、化粧落とし、マッサージなどに用いる、
油性のクリーム。
フェイスマッサージを行う際には
こちらのクリームを使うのが一般的です。

 

中油性クリーム

油性と弱油性の中間で油分は25~50%。
多くのクリームがこれにあたる。

油分量が弱油性クリームと油性クリームの中間で、
もっともポピュラーなクリーム
保湿をおもな目的には中油性クリームが中心であり、
しっとりとしたうるおいを与えます。
それでいて比較的さっぱりしている使用感が特徴です。

乳液ではもの足りなく、
クリームを試してみたい場合は、
こちらの中油性クリームから始めるのが一般的です。

 

ジェルクリーム(無油性、弱油性)

みずみずしくさっぱりした使用感。

弱油性、無油性なのでクリームというよりは、
固形の化粧水に近いものです。

 

一般的には、全身に使えるものが多い万能クリームです。
油分が少ないものや、油分がないものなので、
クリーム独特のベトベト感が苦手な人や、
乳液が嫌いな人には、
おすすめのクリームです。

 

まとめ

①人それぞれの肌の悩みの数ほど化粧品が生まれる。

②クリームは、洗顔、マッサージ、クレンジング、日焼け止め、
 デイクリーム、ナイトクリーム、アイクリーム、
 下地クリームなど、目的にあわせた商品が各種ある。

③一般的にクリームと言われる保湿クリームは、
 肌に含まれている水分を蒸発させないようにする

④クリームは、乳液よりも油分が比較的に多く含まれている。

⑤人それぞれ肌の悩みは違うので、自分に合ったクリームを選ぶ事。

 

 

第四弾は、クリームでした!
ご自身の悩みの原因は、
クリームにあったかもしれません。



これを機に、一度見直してみてはいかがでしょうか?

 

【クレンジング編】今更聞けない!スキンケア化粧品の種類1

【洗顔編】今更聞けない!スキンケア化粧品の種類2

【化粧水、乳液編】今更聞けない!スキンケア化粧品の種類3

【クリーム編】今更聞けない!スキンケア化粧品の種類4

【美容液編】今更聞けない!スキンケア化粧品の種類5

【バーム、オイル、オールインワン編】今更聞けない!スキンケア化粧品の種類6

“【クリーム編】今更聞けない!スキンケア化粧品の種類4” への4件の返信

  1. ピンバック: 【クレンジング編】今更聞けない!スキンケア化粧品の種類1 | ちゃんクマブログ

  2. ピンバック: 【洗顔編】今更聞けない!スキンケア化粧品の種類2 | ちゃんクマブログ

  3. ピンバック: 【化粧水、乳液編】今更聞けない!スキンケア化粧品の種類3 | ちゃんクマブログ

  4. ピンバック: 【美容液編】今更聞けない!スキンケア化粧品の種類5 | ちゃんクマブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*